SSL/TLS証明書のご案内

オリジナルドメインページには必要

危険な迷惑メールを自動で隔離
インターネットから届くメールの「迷惑メール度」を自動的に判定し、 迷惑メール度の高いメールを隔離する事で、お客様に迷惑メールを届きにくくします。

  • W隔離リポートを毎日配信
  • 隔離されたメールは専用の画面で管理。

費用について

SSL/TLSの種類 年額費用
ドメイン認証SSL証明書 17,600円〜(毎年更新手続きが必要です)
企業認証SSL証明書 71,500円〜(毎年更新手続きが必要です)
ワイルドカードSSL証明書 85,800円〜(毎年更新手続きが必要です)

ドメイン認証SSL証明書

ドメイン認証SSL証明書は、ドメインの管理者による認証を得た上で、サーバ証明書を発行する

最低限の検証を経て発行される認証システムです。

ウェブ上で承認手続きが行えるため、スピーディーな証明書発行が可能です。

認証局はドメイン所有者の同意を確認しますが、ドメインの所有者が誰であるかを検証することはありません。

認証手続きページのURLを記載した「承認メール」をドメインの管理者のメールアドレスに送信します。

企業認証SSLサーバ証明書やEV SSLサーバ証明書と比べ、大幅に安価であることが特徴です。

企業認証SSL証明書

企業認証(組織認証)とは認証局の認証規定に基づき企業(組織)の実在性を認証(審査)します。

証明書に記載される組織が法的に存在すること、またその組織が証明書に記載されるドメインの所有者であることを認証するものです。

証明書に記載される組織名は偽装ができないため、アクセスユーザは証明書(シール)を確認することで、自分がアクセスしたURLの運営組織を知ることができます。

必要に応じて、書類の提出をお願いする場合があります。

ワイルドカードSSL証明書

ワイルドカードは、同一ドメイン内の複数サブドメインサイトを1枚の証明書でSSL暗号化通信を実現します。

サーバごとの証明書手続きの手間が省け、ライセンスコストを抑えることが出来ます。

また、証明書導入後のサブドメイン追加は料金不要で、いくつでも追加が可能です。(同一階層のみ)

お申込み